visa for Germany - language courses and working holiday

ビザ

朗報 I: 日本人はビザが要らない

ドイツへ渡航するにあたって: パスポートがあれば90日間ビザ無しでドイツに滞在することができます。詳細はこちらをご覧ください。 German Foreign Office

朗報 II: ビザの延長も簡単

ベルリンでドイツの滞在許可証を申し込むことができます。滞在許可証があれば90日以上滞在することができます。申し込みは簡単ですぐにできます。必要なものはGLSでの語学コース受講証明書(または ドイツの大学への入学の受理証明)です。これをベルリンの外国人局に提出することによって滞在許可証を得ることができます。申請の際には事前に外国人局にEメールを送れば滞在許可証を取得するまでの時間を短縮することができます。詳細は本校のオフィスにてご相談ください。満足していただけるサービスをお約束します。

朗報 III: ワーキングホリデー in ドイツ

ベルリンでGLSのドイツ語コースを受講しながらアルバイトもしたいなら、ワーキングホリデー・ビザをお勧めします。このビザは:

  • 年齢が18歳〜30歳
  • 最長12ヶ月の滞在
  • 十分な滞在費があること(1ヶ月換算で250ユーロ程度を12ヶ月分)

このワーキングホリデー・ビザがあればベルリンでアルバイトを探すことができます。しかし、わずかなドイツ語能力で仕事を見つけることは簡単ではありません。ベルリンでGLSのドイツ語コースを受講することによってあなたのドイツ語能力は確実に強化されます。

ワーキングホリデー・ビザ申請について: ドイツへ渡航前と後、双方で申請可能。詳しくはGワーキングホリデー・ビザ(WHV)について

>>> ワーキングホリデー・ビザでベルリンのGLSドイツ語コースを最低8週間受講する場合、GLSは以下のサービスを提供します: どこでどのようにベルリンでアルバイトを探すことができるか、などの約1時間の説明会。あなたに変わって仕事を探すことはできませんが、最大限アドバイスしますので自分で見つけてください。